トップページ > 診療案内 > 入れ歯治療

入れ歯治療

いつまでも自分の歯を残したい、と誰もが願いますが、むし歯や歯周病、噛み合わせなどの問題により、やむを得ず歯を抜かなければならないことがあります。 残っている歯が少ない場合や、その歯の位置や高さなどが参考にならない時の治療方法として、入れ歯という選択肢があります。
その場合、

などで悩んでいませんか?

お口全体の治療計画をしっかり立てて、一人一人にあったオーダーメイドの入れ歯を作ることが大事です。そうすれば入れ歯でもかなりしっかり噛めるようになります。

さまざまな入れ歯の種類

入れ歯の種類には、歯の一部が残っておりそれに留め金をかける部分入れ歯と歯が全く無いときに使う総入れ歯があります。さらに部分入れ歯、総入れ歯共に、使う材料や留め金の種類によってさまざまな種類があります。

部分入れ歯

部分入れ歯イメージ

歯が何本か抜けてしまうと、部分入れ歯(パーシャルデンチャー)を入れます。部分入れ歯は、バネで支えとなる歯に固定する取り外し式の入れ歯です。人工物ですから最初は違和感を感じますが、入れておくことで慣れてくるでしょう。部分入れ歯には、床(しょう)と呼ばれる土台の上に人工歯を並べ、床に取り付けたバネで支えとする歯に固定します。残った歯がパーシャルデンチャー全体を支える構造なので、歯への負担は大きく、虫歯や歯周病にかかるリスクも高まります。歯を残すためにも、定期的なチェックを受けて維持歯の健康を守りましょう。

総入れ歯

総入れ歯イメージ

歯が全てなくなった場合は、総入れ歯を入れます。保険では使用できる材料やデザインに制限があり、基本的には全てプラスチック製になるため、分厚くなり快適さを得ることができなかったり、口の中での熱が伝わりづらくなります。入れ歯は人工物ですから、お口に入れたときの違和感はどなたにでも大なり小なりあります。お口に入れておく練習をして、一日も早く自分の体の一部にしてしまいましょう。

金属床

金属床イメージ

保険の入れ歯と異なり、金属を使用する入れ歯です。
金属を使用することで、以下のような特徴が挙げられます。
また金属床の種類には、コバルトクロム床白金加金床チタン床ゴールド床などがあり、さまざまな設計を選ぶことができます。

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯イメージ

部分入れ歯のバネの部分が鍵と鍵穴のような差込み式になっている(アタッチメント)部分入れ歯です。通常のバネのように噛んだ時のバネの動きがないので部分入れ歯が安定し、しっかり噛めます。また部分入れ歯のバネが外に出ないので見た目も良くなります。

目立たない入れ歯

目立たない入れ歯イメージ

通常の入れ歯の材料であるプラスチックよりも弾性があるナイロン弾性樹脂で出来ている入れ歯(フレキサイト)です。フレキサイトは部分入れ歯の床自体で歯に固定させますので、バネが無い部分入れ歯にする事が出来るため、金属のフックが見えることがありません。。また部分入れ歯を薄く出来るので、部分入れ歯の装着感が良くなり、違和感が少なくなります

ホワイトフック

ホワイトフックイメージ

部分入れ歯のバネは、今までは金属で作るものが主流で、審美的にはあまり良くありませんでした。白いバネの入れ歯(ホワイトフック)は、バネの部分が熱可塑性レジン(歯科用プラスチック)で作られています。このレジンは従来の歯科用レジンと比較して、以下のような特徴があります。

  • 強くて柔軟性があり、噛み合わせに合わせてたわむ
  • 耐疲労性が高く、金属のバネに比べて、装着間も快適
  • 生体適合性が高い
  • 耐殺菌性で汚染しにくく、また臭いがつきにくい

コンフォート義歯

コンフォート義歯イメージ

入れ歯の表面に生体用シリコーンを使用することで、装着時の密着性優れた粘弾性により噛む力を高めることが可能です。入れ歯による、粘膜の痛み感覚障害などを解消し適合性を促進させます。

東京都墨田区業平3-17-9 マルホンビル4F、東京スカイツリーそば(地下鉄半蔵門線・浅草線・京成線)押上駅より徒歩1分、平日20時まで・土日祝日診療の押上ファースト歯科へのお問い合せは03-5819-4825まで

クイックアクセス

平日(月~金)
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
土日祝日
  • 9:00~15:00

保険各種取扱・完全予約制

03-5819-4825

墨田区業平3-17-9 マルホンビル4階