トップページ > 診療案内 > 審美歯科 > セラミッククラウン

セラミッククラウン

現在の保険制度でも前歯(上下の犬歯から犬歯まで計12本)に限り白い歯をかぶせることは可能です。保険内でかぶせる前歯にはレジンジャケット冠硬質レジン前装冠というものがあります。両者ともレジンといういわゆる、プラスチックの一種の材質は、ある程度の色調しか再現ができず、完全に周りの歯と同じ色に合わせることは材質上不可能です。しかも1~3年の年月の間に変色(黄変)してしまい、また材質が歯に比べやわらかく、長年の間にすれてしまいます。また表面性状がざらざらしているため、歯垢(プラーク)や歯周病菌が付着しやすく口腔内悪化のリスクとなることも少なくありません。そのため、一時的にかぶせるには適していますが、本当の口元の美しさを求める方にはお勧めできません。

レジンクラウン

レジンクラウンイメージ

現在の保険制度でも前歯に限り白い歯をかぶせることは可能です。保険内でかぶせる前歯にはレジンジャケット冠硬質レジン前装冠があり、両者ともレジンという、プラスチックの一種でできております。レジンはある程度の色調しか再現ができず、完全に周りの歯と同じ色に合わせることは材質上困難といえざるをえません。しかも半年~1年の年月の間変色(黄変)してしまい、また材質が歯に比べやわらかく、長年の間にすれてしまいます。また表面性状がざらざらしているため、歯垢(プラーク)歯周病菌が付着しやすく口腔内悪化のリスクとなることも少なくありません。そのため、一時的にかぶせるには適していますが、本当の口元の美しさを求める方にはお勧めできません。

セラミッククラウン

セラミッククラウンイメージ

現在、前歯の材質について、もっとも理想的だといわれるものにセラミックがあります。セラミックとは陶材であり、レジンと異なり、水分の吸収がほとんどなく、長期にわたり変色はありません。しかも色調再現性に優れているため、歯の細かい色やグラデーションを再現でき、自然な歯に仕上げることが可能です。また、歯並びが気になる方で、矯正だと装置が気になる方や、矯正期間が長期かけられない方などにはセラミック矯正が可能です。

オールセラミック治療例

オールセラミック治療例(治療前)
オールセラミック治療例(治療後)

前歯の見た目と左上奥歯の欠損が気になるというケースです。奥歯はインプラント処置後、ジルコニアの土台を製作、前歯4本のブリッジにて審美治療を行いました。ジルコニアによるブリッジフレームを作製した後、陶材を焼成し美しい歯の形を仕上げていきます。これらは金属を全く使用しないノンメタル治療です。

オールセラミック治療の治療前と治療後(歯ぐきの変色と歯肉の不調和)

左上の前歯の歯ぐきの変色と歯肉の不調和を気になるというケースです。歯と歯の間の黒い隙間も気になると言うことでした。歯ぐきのラインを整える歯周外科処置後、オールセラミックにて審美治療を行いました。

オールセラミック治療の治療前と治療後(若干受け口であるということ、上あご前歯の色が気になる)

若干受け口であるということ、上あご前歯の色が気になるというケース。矯正治療は希望しなかったため、上あご前歯6本をオールセラミックを用いてセラミック矯正を行いました。

クイックアクセス

平日(月~金)
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
土日祝日
  • 9:00~15:00

保険各種取扱・完全予約制

03-5819-4825

墨田区業平3-17-9 マルホンビル4階