トップページ > 診療案内 > 口腔外科 > 顎関節症

顎関節症

また日本人の7割以上の方は、「あごにゆがみがある」といわれています

多くの方が、実はあごの骨が変形していても、そのままの状態で問題なく日常生活を送っているといわれています。また日本人の7割以上の方は、「あごにゆがみがある」ともいわれています。

その中で、ある時期から突然、何かの原因であごの状態がおかしいと感じることがあります。あごをどこかにぶつけた、硬いものをかんだ、歯の治療をした、枕を高くして寝た、うつぶせになって寝た、などなど。

以下の様な症状感じたことはありませんか?

あごの病気は、あご自体が原因なのか、むし歯などの歯が原因なのか、他の病気で顔やあごに痛みが出ているのかなど、判別しにくい場合があります。いつまでも診断が確定しないで、痛みや不安だけを抱えて様々な診療科(脳神経外科、神経内科、耳鼻咽頭科、整形外科など)を渡り歩く方も少なくありません。

あごに何らかの症状を訴える顎関節症は、日常生活の悪習癖だけを取り除けば治療を必要としないものから、歯の治療が必要なもの、歯の矯正治療が必要なもの、などさまざまです。

顎関節症の症状

顎関節の構造図

顎関節症は、現在とても増えている疾患の一つで、現代人の2人に1人が潜在的な患者だといわれています。 あごの関節には、上あごと下あごの間に関節円板というクッションがありますが、この関節円板がずれてしまうと、あごの関節が円滑に動かなくなり、筋肉のこりや炎症が起きます。そのため、痛みが出たり、関節円板がひっかかりお口が開けられなくなったりします。あごの関節は耳の前下方に存在し、周囲には多くの筋肉、神経、組織が存在するため、さまざまな症状を引き起こします。

以下のような症状を訴える場合には顎関節症が疑われます

顎関節症の原因は、かみ合わせ以外にも、ストレスやかみ癖、生活習慣、食習慣、姿勢など多くの要因が絡み合う多因子疾患です。特に、強い歯ぎしりくいしばりかみ合わせ異常が認められる方は、かみ合わせのアンバランスによる可能性が大きいです。顎関節症の治療法にはさまざまな方法があります。上記のような症状がある方はまず一度ご相談下さい。

東京都墨田区業平3-17-9 マルホンビル4F、東京スカイツリーそば(地下鉄半蔵門線・浅草線・京成線)押上駅より徒歩1分、平日20時まで・土日祝日診療の押上ファースト歯科へのお問い合せは03-5819-4825まで

クイックアクセス

平日(月~金)
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
土日祝日
  • 9:00~15:00

保険各種取扱・完全予約制

03-5819-4825

墨田区業平3-17-9 マルホンビル4階