トップページ > 診療案内 > インプラント > 従来の治療法との比較

従来の治療法との比較

失った歯を治療する方法は基本的に、インプラント、ブリッジ、入れ歯となります。
以下にそれぞれの方法の良い点、注意点を述べます。

インプラント

良い点

  • 自分の歯と同じように噛める
  • 自分の歯と遜色のない審美性
  • 入れ歯のような違和感がない
  • 周りの歯を傷つけない
  • 歯を失った部分の顎の骨がやせるのを防ぐ
  • 適切にケアすれば充分長持ちする
  • 抜け落ちてもやりなおしができる

注意点

  • 治療期間が比較的長い
  • 治療費が保険外適応である
  • 顎の骨の状態や全身的な状態により適応にならない場合もある
  • ブラッシングができない方にはお薦めしません!

ブリッジ

良い点

  • 固定式なのであまり違和感がない
  • 天然の歯と変わらない審美的な修復が可能

注意点

  • 清掃性が悪くなり、支えている歯が悪くなりやすい
  • あごの骨がやせて、歯並びが悪くなることがある
  • ブリッジを支えるために両隣りの健康な歯を削らなければならない
  • 土台となる歯には大きな負担

入れ歯

良い点

  • ブリッジでは適応できないような大きな欠損にも対応できる
  • 治療が比較的簡単で、通常の入れ歯なら治療費も安い

注意点

  • 入れ歯を入れたときに、かなりの違和感を感じやすい
  • 取り外して手入れをするのが大変
  • 食べ物が食べにくくなり、食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすい
  • 部分入れ歯の場合、入れ歯を支えるためのバネをかける歯への負担が大きい
  • 長期間使うことで、顎の骨が吸収され、入れ歯が不安定となる
  • 「入れ歯=老人」というイメージがある

症例別比較

インプラントの安全

クイックアクセス

平日(月~金)
  • 10:00~14:00
  • 16:00~20:00
土日祝日
  • 9:00~15:00

保険各種取扱・完全予約制

03-5819-4825

墨田区業平3-17-9 マルホンビル4階