精密歯科治療

精密機器を用いた検査・治療へのこだわり

精密歯科治療

精密機器を用いた検査・治療に力を入れております。主訴(痛い、しみる、気になるなど)の解消だけでなく、その主訴に至った原因の究明をするためには、事前の精密な検査・診断は欠かせません。 誤った診断をしてしまえば、技術があっても適切な治療はできません。また、適切な診断が出来たとしても、治療の精度がよくなければ再発リスクが高まるなどの問題が生じます。そのため当クリニックでは、精密機器を用いて検査・治療の精度向上に努めております。

精密な診断を可能にするための精密機器

歯科用CT

歯科用CT

通常の保険診療で用いられる2次元レントゲンだけでは把握不可能だった画像情報を、3次元のデジタルデータで取得する事ができます。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

肉眼のおよそ25倍の拡大視野を得る事ができます。特に暗くて小さい歯の内側をしっかり確認する事が可能となります。

精密歯科治療の取り組み

最小限の切削

極細バー・チップによる切削処置

歯を削る際には、通常よりも細いバーおよび微細チップを使用して歯を削ります。一度に削れる範囲が小さくなるため、削る必要のない健康な歯質を少しでも多く残すことができます。
デジタルスキャン

3D光学スキャナー

3D口腔内スキャナーにより、お口の中のデータをデジタルに読み取り、正確なデータとして瞬時にチーム連携して作業できるため、 治療精度の向上を図ることができます。
マイクロルーペ,拡大鏡

各種マイクロルーペ

通常の診療においても必要な限り、各種拡大鏡、マイクロルーペを使用しながら取り組んでおります。見える視界が大きくなることで治療精度の向上へのつながります。
口腔内写真

口腔内写真の撮影

治療の各ステージ毎に専用のデンタルカメラにて口腔内写真の撮影を行っております。治療記録を客観的に判断することが重要と考えます。

マイクロスコープで見える世界

マイクロスコープ

肉眼とマイクロスコープとそれぞれを通して見た千円札(裏側)の比較画像です。肉眼では 1000YEN の左に見える3つの普通の桜の模様も、マイクロスコープで見ると、かなり詳細に見えてくるのがわかります。これらの桜模様に中には実はある文字が描かれているのもわかります。
(何の文字が描かれているのか、おわかりですか??)

歯科治療のご相談は
こちらからどうぞ